仕事場の上司だった重雄の一人息子、和之と結婚したりおは何一つ不満の無い毎日を過ごしていた。しかし、りおには夫に言えないある思いがあった。それは重雄への気持ち…。重雄と一緒にいたいから、息子である和之とりおは結婚したのだ。そして、近くにいられるだけでいいと気持ちを抑え続けていたりおだったが重雄と二人で過ごす時間が増えるにつれ、心も身体も抑制できなくなり、ついには重雄を誘惑していくのだった…。
WEB SERVICE BY FANZA