「ウチの息子は気が小さいから金玉も小さいのよ…」主婦友達・はるかとお茶をしている時に何気なく出た言葉を寿恵は他人事だとは思えずにいた。出張が多い夫を持つ寿恵も、ただでさえセックスが少ないのにその上、金玉が小さく精液が少ない事に不満を感じていた。そんなある日、隣の息子・和真が母の忘れ物を取りに来た時、昼間にはるかが話していた事が気になり堪らずパンツを脱がすと…。「うちの主人よりも大きいじゃない!」
WEB SERVICE BY FANZA